EcoFlow JP

EFDELTA(イーエフデルタ)とは、昨年米国で実施したクラウドファンディングにて支援金1億円以上集めたポータブル電源「RIVER(リバー)」の後継機種です。

開発元のEcoFlow Technology(エコフローテクノロジー、以降EcoFlow)はドローン(無人航空機)の分野で世界シェア7割以上と言われるDJI出身のメンバーが2017年に設立した「ポータブル電源の最先端企業」という事もあり、EFDELTA開発メンバーにもDJI出身が多く、ドローンのバッテリーに求められる「軽量、大容量、安全性、各種情報のフィードバック」など、高度な要求を満たす製品開発経験と知識を活かした業界初の「次世代ポータブル電源」です。

超大容量、大出力

EFDELTAは容量1260Wh、出力1600W(サージ3100W)の大容量・大出力でほとんどの電気製品に電力を供給できますので、 電子レンジや炊飯器、冷蔵庫などの一般家電製品ももちろん、電気工具にもお使い頂けます。

世界最高速クラスの急速充電

EFDELTAは独自開発したX-Stream充電テクノロジー(特許申請中)を採用した世界初の製品です。従来の充電方式は、交流電源(AC)から直流電源(DC)に変換するための「重たいアダプター」がケーブルに付き、充電も長時間掛かりました。EFDELTAはX-Stream充電テクノロジーを使用することで、アダプターの無いケーブルを通して交流電源(AC)を高効率で直接充電させる技術を採用しております。一般的なポータブル電源は家庭用コンセントでも数時間以上かかる再充電時間を、0から80%までの充電なら僅か1時間以下、フル充電でも2時間以下を実現しました。

さらに、ソーラーパネル(別売り)からは最大400W入力が出来ますので、排気ガスや騒音を発生させること無く、様々な状況で充電しながらご使用頂けます。

※110W太陽パネル最大6枚接続時:0%から100%まで約4時間(天候等条件による)

対応力抜群!13デバイス同時充電可能

EFDELTAは4つのUSB Type-A(内2つは急速充電対応)、2つの60W USB Type-C、6つのACコンセント出力(周波数50/60Hz対応)を搭載し、さらに最大13デバイスへ同時に給電出来るため、もう三角タップや変換コネクターを持ち歩く必要はありません。

また、現在停電などにより入力電源に異常が発生した際、50ms以下の時間で内部電源に切り替わる機能の追加準備を進めておりますので、急な停電によるパソコン等のデータ保護や、無人運用が必要な防災設備、中継器等のバックアップ電源としても活躍すること間違いなし!

強度と・軽量、熱伝導に優れたメタルボディ


航空・宇宙開発に使用される高品質アルミニウムと高強度鋼を使用し、高い強度と耐久性・放熱性を誇りならがも、同程度容量のポータブル電源に比べ約30%軽量の「重量:13.6kg」を実現。アウトドアから災害時まで、女性の方も持ち運ぶことが可能です!

最新技術を支える高度なシステム

EFDELTAは最大13デバイス同時に給電する事が可能な「電力管理システム(PMS)」と、開発に50人の技術者が関わったソフトウェアとハードウェアの双方からなる20を超える保護機能を備えた最新の「電池管理システム(BMS)」を採用しております。

BMSがAIアルゴリズムを使用して搭載された140個のリチウムイオンバッテリーを安全性を優先させながら個別管理し、PMSが最も効率的な方法でDCからAC、ACからDCに変換して超高速充電を実現することで、EFDELTAは常に最高のパフォーマンスをご提供致します。

正解基準の安全規格取得

EFDELTAは日本を含む世界各国で販売しているポータブル電源「RIVER(リバー)」の後継機種のため、各国の安全基準も取得しています。ポータブル電源に求められる高い安全性と信頼性を兼ね備えた製品として安心してご使用下さい。
※日本国内向けPSEは申請を済んでおり、出荷までに取得する予定です。